2005年06月04日

“改善”はここが難しい

まずは、当ブログスタートのご挨拶。
皆さん、こんにちは。竹内富雄と申します。
ネット上では、本名以外に“ヨロン”というハンドルネームを使って徘徊しております。
これまでは、ネットを主に遊びの場、ストレス発散の場として使っていましたが、ここらあたりで少し真面目人間に変身して、本業絡みのことについて書いていきたいと思います。
というのも、40代になった今、そろそろ勤め人を卒業して自分の世界を切り拓いてみたいという心境になったからなんです。

さて、「あなたの本業は何ですか?」と聞かれたら、あなたはどう答えますか?
今やっている仕事ですか?
それとも、自分がもっとも得意としている仕事ですか?
あるいは、本業、副業問わず、自分が好きな仕事ですか?
私なら、自分がその仕事が好きであることを前提にして、これまでやってきた仕事の中でもっとも得意というか熱中した仕事をあげます。
それが私にとっては、“改善”という仕事なのです。
改善といってもいろんな分野がありますが、私が実際に経験し強みを発揮できる分野は、社内(オフィス)の管理・間接業務(事務処理プロセス)の改善です。
前置きが長くなりましたが、当ブログでは、これまでの経験やその経験で培ったノウハウなどを紹介しながら、私が考える“改善”の視点について書いていきます。


おそらく、多くの会社、組織では(業務)改善の重要性が認識され、また実際そういう活動に取り組んでいることでしょう。
書店に行くと、改善に関するノウハウ本などがたくさんあります。
最近、トヨタ方式による業務遂行が注目を浴びていますが、トヨタといえばまさに改善の権化みたいな会社です。
なぜトヨタから学ぼうとする会社が多いかといえば、メディアでも報じられていますが、不況期も何のその1兆円もの利益を稼ぎ出し、事実上日本最強の企業と見られているからです。
そして、多くの仕事人は、トヨタの強さの秘訣を同社の“改善”活動にありと見ているのです。

私が最初に入社した会社は、自動車部品や電子部品を造っている会社でしたが、自動車業界全体の特徴といいますか、やはり改善活動に熱心に取り組んでいました。
社内制度として改善提案制度というのがあり、全社員が毎月提出すべき改善提案件数のノルマを与えられ部門別でも競争する風土がありました。
そういう風土の中で育ったせいか、その後の私の仕事人人生においては、常に頭の中に改善意識がありました。
私は、どんな会社、組織でも、改善は必要だし、実際改善できることはたくさんあると考えています。

ただ、自分で実際に改善活動に携わり、ある時は全社の改善活動を企画推進する仕事をしてきた経験から思うのですが、現実の改善の現場では、改善が思った通りになかなか進まない、進められないというのがあります。
関連本を読むと、「うん、そうだな、その通り。ぜひこれはやるべき」と納得することが多いのですが、じゃ職場で日々の業務の中で取り入れてみようとしてもなかなかうまくいかないことも多いはずです。
社外コンサルタントにいろいろ知恵をつけてもらった時にはできそうだと思ったのに、なぜか社内では壁に突き当たってしまった、そんな経験はありませんでしょうか。
私自身、これまで何度もそういう経験をしてきました。

経験上、結局のところ、実際の改善が難しいのは以下のような点があるからではないのか、そんな気がしています。
1.改善というものに対する自分と他人の考え方の違い
2.机上では賛成でも、自分自身が痛みを伴う(面倒を引き受ける)のは嫌という意識
3.部門同士、個人同士の利害衝突
4.自分の仕事のやり方を否定されるという被害者意識
5.改善意識はあるものの実際の行動を起こす勇気が出ない本人の問題
6.経営者やマネジメント層の意識の壁

他にもあると思いますが、私が感じたところはそんなところでしょうか。
たぶん、改善意識のある、実際に改善活動に取り組まれた方々は同様のことは感じていらっしゃると思いますので、次回以降、これらの実際、詳細について体験談などをまじえながらお話ししていきます。
なお、当ブログは頻繁には更新できないかもしれませんので、その点はご容赦ください。
忌憚のないご意見、ご自身の体験上のコメントなどは歓迎いたします。
ただし、誹謗中傷のコメント、記事の内容と関係ないコメントやトラックバック等は削除させていただきますのでご了承ください。
それでは今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。





kaizennooni at 07:39│Comments(4)TrackBack(0)clip!改善の難点 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by KAKI   2005年06月04日 10:14
いよいよ、考えや思いを行動に移すわけですね。
素晴らしい決断だと思います。
大変でしょうけど頑張って下さい。応援しております。
私も考えている「やりたい事」「夢」があるのですが、
行動・決断に移す勇気がまだありません。
近い将来必ず実現しよう!という思いだけはあるのですが・・・。
2. Posted by 竹内富雄   2005年06月04日 10:39
KAKIさん、こんにちは。竹内です。
早々にお立ち寄りいただきありがとうございます!
KAKIさんが記念すべき第一号のお客様です(笑)。
「やりたい事」「夢」はだんだん思いが強くなる傾向がありますので、
きっとKAKIさんも行動に移すときが来るような予感がします。
お互い悔いのない人生を送りましょうね。
3. Posted by リッツ   2005年06月05日 21:00
今晩は、ヨロンさん。
 
 またまた、ブログを立ち上げたのですね。
 私もついに素材を自分なりの見つけて、もう少しで
 第一弾をお披露目します。 笑い。

 それにしても、ヨロンさん、画像が渋い!
 良い写真を選ばれましたね。
4. Posted by ヨロン/竹内富雄   2005年06月07日 06:47
リッツさん、こんにちは。ヨロンです(^_^)。

早速お立ち寄りいただきありがとうございます。
こちらは、本業の延長でのブログにしようと考えています。
リッツさんのブログも楽しみですね。
立ち上げたらぜひご紹介くださいね。
いやはや、頭髪が薄いのがバレバレですね(笑)。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔