2005年07月

2005年07月26日

改善は“Win-Win”を目指せ

当たり前のことではありますが、「嫌なものはイヤ」と駄々をこねているばかりじゃ改善は進みません。
仕事人は大人なんだし、そんな子供じみた人はいないでしょ、って?
いやいや、実際はたくさんいるんです。
ちょっと言い方を変えると、不平不満を言うばかりで自分では何ら改善策を提案もしないし、改善は他の人がやってくれると思っている人のことです。
たしかに、自分の職務範囲外の問題については、担当部門のほうでどうにか解決・改善してほしいと思うのは無理もありません。
しかし、大抵の場合、担当部門が問題解決・改善に取り組めないのはそれなりの事情があるものです。
そして、自分たちでも認識している問題点については、他部門(の人)であっても協力を申し出れば歓迎します。

一方的に「問題解決・改善に取り組むのは他部門(他人)だ」と言っているばかりじゃ、何も始まらないし問題も解決・改善されません。
だから、本当に心から問題の解決・改善を望んでいるのであれば、「こんな問題が発生している。そちらも大変だと思うが、この問題が解決・改善されればお互いに助かるので一緒に取り組もうじゃありませんか」と持ちかけるべきなのです。
そうすれば、相手だって無碍に嫌だとは言わないでしょう。
相手の問題意識が高ければ、とてもありがたい提案だと感じ大いに協力してくれることでしょう。
こういうのを“Win-Winの関係”とでもいうのでしょうか。
企業同士の取引関係だけでなく、社内の業務改善にだってWin-Winの関係は適用できるのです。







kaizennooni at 21:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!改善着眼点 

今さらながら『5S』

5S』というのをご存知でしょうか?
製造業で働いている人にとってはなじみ深い言葉ではないかと思います。
日本が誇る改善の基本をなしている活動といってもいいかもしれません。
解説しますと、
・整理
・整頓
・清潔
・清掃
・躾

の頭文字をとって5Sと呼んでいます。
つまり、職場、仕事の流れにこの5Sを適用することによって生産性の高い、効率のいい仕事を実現していくということです。

私は最初に就職したのが自動車部品を造っている会社だったので、徹底して5Sを教えられました。
入社と同時に5Sのことが書かれた小冊子を渡され、日常業務の中でも上司から指導を受けました。
退社時に机の上にものが置いてあると注意されたりとかね。
当時は「いちいちうるさいなぁ」と感じていましたが、今にして思うとこういった教育をしっかり受けたことが良かったと思っています。
まさに躾が良かったということですね。
その後違う業界の会社2社に勤めましたが、5Sをたたき込まされた感覚からすると許容しがたい職場、仕事の流れが目の前にありビックリしました。
続きを読む

kaizennooni at 00:31|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!改善の手法 

2005年07月23日

ファイリングの前に「分類・整理法」を考えよ

b732dbda.jpg書類のファイリングをする際、次の2つのタイプの人がいるものです。
1.やみくもにいろんな書類をゴチャ混ぜにしてファイリングする人
2.最初に書類の分類・整理法を考えてからファイリングする人

あなたはどちらのタイプですか?
どちらのほうが効率的だと思いますか?
私は「2」のタイプです。
管理部門での仕事が長いということもありますが、書類のファイリングのし方はうまいほうだと自負しています。
私が観察している限り、要領よく仕事を進める人というのは、自分なりに工夫しつつも最初に書類の分類・整理法を考えてからファイリングする人が多いような気がします。

その場限りで仕事を早く処理するのなら、やみくもにいろんな書類をゴチャ混ぜにしてファイリングするというやり方は効果があります。
何も考えずに一気にファイリングしてしまうわけですから、時間の節約になります。
これに比べると、「どういうふうに分類・整理しようか」と考えるのは時間がかかります。
多忙な身であれば、そういうことを考える時間が無駄に思えるかもしれません。
あなたが「1」のタイプの人であれば、「2」のタイプの人を見ると、「こんな忙しいときに暇なやつだな」と悪い印象を持つことだってあるかもしれません。
実際、以前私自身が周囲の同僚からそう見られたこともありました。
同僚の中には、あからさまに「そんなどうでもいい仕事は、暇なときにやれよな」と言う人までいました。
続きを読む

kaizennooni at 11:37|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!総務の改善 

2005年07月12日

コメントを認証制にしました

皆さん、こんにちは。『“改善の鬼”竹内富雄が斬る!』管理人の竹内です。
いつもお世話になっております。
以下お知らせです。

コメント書きを認証制に変更しました。
これに伴い、コメントを書く際には、livedoor IDでのログインが必要になりますのでご注意ください。
livedoor 会員でない方は、会員登録(無料)が必要になります。

<認証制に変更した理由>
以前に他のブログでも書きましたが、私は基本的に匿名でのやりとりというのを好みません。
私からすると、ネット上の匿名は自分の言動に責任をとりたくない、相手には何も与えないで自分だけ利益を得たい人がとる手段かなという印象があります。
(事情により)本名を明かせないまでも、ご自身のブログやメールアドレスをリンクすることによって、多少なりともアプローチする相手に安心感を与えようとする人が好きです。
したがって、(個人的嗜好ではありますが)いくらいい内容のコメントをいただいても、匿名である限りはそれなりの対応しかいたしません。
認証制にすると、コメントする側は従来のように簡単にコメントが書けない分面倒くささを感じると思いますが、逆に本当にコメントしたい場合は、ログインすればいいだけのことですので大した壁ではないと思います。

ということでよろしくお願いいたします。





kaizennooni at 10:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他諸々 

2005年07月08日

「管理間接業務」究極の効率化策は“アウトソーシング”?

36fa4a7f.jpg景気が悪くなり業績が悪化すると、経営者は自社の管理間接業務の合理化・効率化に着手します。
もちろん、それ以外にも商品・サービス戦略の見直しや新規事業の推進なんかも行うわけですけど。
管理間接業務の合理化・効率化を検討する背景には、やはり、“コストがかかりすぎている”という認識があるわけです。
かといって、これは何も管理間接部門で働いている人たちが悪いわけではなく、経営側が要求することに応えているうちにそうなってしまったということも大いに影響しているのです。

私の経験でもこんなことがありました。
以前勤めていた会社で、当時勢いのあった営業担当の役員が「金を稼いでいる営業の前線に比べたら、管理部門なんて金食い虫だ!」とよく口にしていたのを耳にしたことがあります。
ところが、この役員が平取から常務、専務と昇進していくにしたがって、なぜかこの人の口からそういう言葉をあまり聞かなくなりました。
(私が知らないだけかもしれませんが)
そのかわり、管理部門によく顔を出しては、「こういう管理機能は重要だよな。もっと強化しなければいかん」みたいなことを言っていたような記憶があります。
続きを読む

kaizennooni at 21:34|PermalinkComments(18)TrackBack(0)clip!改善の難点 

2005年07月03日

総務は改善ネタの宝庫

私のキャリアの中で、総務の仕事はかなりの部分を占めます。
私の仕事人人生は、総務部広報課という部署への配属からスタートしました。
当時、総務部には、庶務、宣伝、広報、資産管理、法務といった部署がありました。
ただ、総務部というところは、多くの会社でもそうでしょうが、会社の中で他部署の管轄外の業務をすべて引き受けるところです。
だから、中には「えっ、こんな仕事もあるの?」というような仕事も時にはあります。
要するに、それだけ種々雑多な業務をこなしているというわけです。

おそらく、他部署の人で自社の総務の業務内容全体をわかっている人なんてめったにいないでしょう。
事務用品がなくなったので総務に言ったら手配してくれたというように、日常的に関わった部分だけで総務の業務をイメージしている人は多いと思います。
でも、実際は本当にたくさんの業務をこなしているのです。
事務用品の手配管理もその一つですが、その他にも、受付業務、文書管理、不動産管理、社内設備管理、社内外広報業務、地域との付き合い、社内行事の企画遂行、といったような諸々のことをやっています。
続きを読む

kaizennooni at 19:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!総務の改善 

2005年07月02日

目標立てただけじゃ改善は進まない

会社方針として業務改善が掲げられると、その方針が各部門の方針に落とし込まれていきます。
部門長は、年度末あたりになると、頭を悩ませながら次年度の目標作成において、「○○の改善による20%のコスト削減」といったような文言を企画書の中にちりばめていきます。
また、部門方針が決まったら、その下の各部署も同様に改善目標を設定していきます。
もちろん、各部署の目標が決まれば、それは社員個々人の業務目標にもなるわけです。

ここまでは何も問題ないでしょう。
というか、そこまできっちり会社方針を末端の現場まで落とし込んでいくことができれば、方針の徹底という点ではある程度成功したようなものです。
しかし、もっとも重要なことは、その方針に基づいて各自が具体的に行動を起こし成果を出すことです。
方針や計画を立てただけで満足し、その後の展開を手抜きしてしまったら、うまくいくものもうまくいかなくなってしまいます。
実際、そんなことあるのかって?
はい、本当にあるんです。
続きを読む

kaizennooni at 11:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!改善の難点